ちがさき丸ごと博物館

暮れの市

名称 暮れの市 別名
所在地 茶屋町
概要 年中行事
年の市。昔はタビ・下駄・手桶・ザルなどの日用品や衣類、正月遊びのコマ・ハネ・羽子板は、正月にそろえるものだった。これらや、正月料理に使う塩鮭・オザッキ(お雑器)・正月飾りなどを売る市がたって、そこで買った。昔、茅ヶ崎駅ができる前は茶屋町が商店街だった。だから、茶屋町に暮れの二十七日に市がたった。ダルマ屋もたくさん店を出していたのでダルマ市ともいう。当市北部の小出地区の人たちは寒川(さむかわ)・一之宮の市や藤沢の市にいった。[茅ヶ崎市史③ 民俗編 第六章 年中行事より (根) ]
イメージ