ちがさき丸ごと博物館

イカリソウ

名称 イカリソウ 別名
所在地 北部丘陵地域の針葉樹と落葉樹の交じった林
概要 キブシが咲き、ヤマザクラが咲き、木々の芽吹きが一斉に始まりました。春野雑木林は、微妙に異なる淡い緑で染まります。落ち葉の間からタチツボスミレやヒトリシズカが花をつけるころ、イカリソウが可憐な花を開きます。イカリソウはメギ科の多年草で、春には十分に日差しを受け、夏には半日陰となる斜面の下部に近い、やや湿った場所に生えます。草の丈は20cm前後、葉は少しいびつになった長いハート形で、3つに枝分かれした柄の先に3枚ずつ小さい葉が付くので三枝九葉草ともいわれます。花が見られるのは、4月から5月ごろで、茎の上部に数個が下向きに開きます。色は濃淡の差が大きく、紅紫色から白に近いものまであります。4枚の花びらに長く突き出した部分があり、その形が船のいかりに似ているところから名付けられました。日本固有の花で、主に本州の太平洋側に分布します。『神奈川県植物誌1988』によると、箱根や丹沢の山地帯、横浜・川崎地区の都市部には分布しないことから、丘陵地の花といえるでしょう。湘南地区では、茅ヶ崎市と藤沢市に記録があるだけで、大変珍しい花です。本市では、北部丘陵地域の針葉樹と落葉樹の交じった林で見ることが出来ます。

[]
イメージ