ちがさき丸ごと博物館

石神

名称 石神 別名
所在地 元町、新栄町、十間坂の一部、東海岸
概要 通称「一中通り」に「石神下」というバス停がある。石神という地名は、今の停留所だけにしか使われていないが、小字としては茅ヶ崎駅の北口、南口一帯を東石神、西石神といい、また、だいたいそれから海までを上石神下、下石神下というから、広い範囲を指したものだった。住居表示としては、元町、新栄町、十間坂の一部、東海岸あたりだ。江戸時代の「新編相模国風土記稿」に「東海道を朝鮮の使者が通る時、ここに茶店を置いた」とある。その茶店があったという場所は今ではどこだかわからないが、東海道沿いの小高いところで、海を見下ろす眺めのよいところだったのだろう。駅の構内で、相模線が大きくカーブして北に向う所に、大石が2つ積んである。これは昔壊された古墳の残骸(ざんがい)で、石神古墳と呼ばれている。地名からその名を付けたからだ。(実はほんの少しずれていて、大石のあるところを石神とは言わないのだが)大昔のこととて実際に見た人はいないけれど、地元の話では、壊される前の古墳の上に、石神堂というお堂があったと伝えている。今のところ、これが石神の正体ではないかと考えられている。ここから石神という地名がつけられたのではないか。
[百科事典用テキストデーター   (根) ]
イメージ