ちがさき丸ごと博物館

石皿と磨石

名称 石皿と磨石 別名
所在地
概要 石皿と磨石(すりいし)は縄文時代の集落跡からよく出土する遺物です。セットで用いられ、ドングリなどの木の実を石皿にのせ、磨石でこまかく打ち砕き、すりつぶして粉状にする製粉具として考えられ、当時の食生活の一端がうかがわれるものです。石皿は大きな平べったい石の表面を加工して、浅いくぼみをつくってあります。磨石は棒状あるいは固まり状の石で、自然石のままか、一部を研究し形を整えて使われていました。芹沢の故塩川健寿さんが自分の畑で見つけ、寄贈してくれた石皿と磨石からは、久保山遺跡の中にあるその畑の周辺に、縄文時代中期から後期(45000年前)の土器片が多く分布しており、おそらくそのころの集落(ムラ)があったと思われます。石皿は長さ34.5㎝、幅21.5㎝で、高さは9㎝ほどです。一辺には縁がなく、中のものをかき出せるようにつくられています。石質は安山岩のようで、いくつかに割れていたのを、塩川さんがセメントで補修しています。磨石は長さ12.5㎝、幅8.5㎝で、一方が細くなった丸みのある自然石で、使い減りしたものか、両端がことに丸くなっています。なお、石皿と磨石は堤貝塚からも出土しています。


[百科事典用テキストデーター   (根) ]
イメージ