ちがさき丸ごと博物館

ウミネコ

名称 ウミネコ 別名
所在地 茅ヶ崎海岸
概要 茅ヶ崎で見られる鳥の主役は、なんといってもカモメでしょう。夏よりも冬の方が多く見られます。地引き網が岸に近付くと、網の付近にたくさんのカモメたちが群がることがあります。冬ですとこのカモメはユリカモメとウミネコがほとんどで、その中にセグロカモメなどが少数まじっていることがあります。こういうときはカモメを近い距離で見られるので、彼らを識別するよい機会です。ユリカモメはウミネコより小さくて、全体が白っぽく翼も淡い灰色で目の後ろに黒斑点があり、なによりもくちばしと脚が鮮やかな赤い色をしていて、ギューイ、ギューイと鳴き騒ぎます。ウミネコはユリカモメより大きく、翼は非常に黒っぽい灰色です。くちばしは黄色で先端に黒と赤の斑点があり、脚は淡い草色をしています。そして何よりも目立つのは尾羽の太い黒帯です。この黒帯こそウミネコ識別のポイントです。ユリカモメの若鳥にも黒い線がありますが、帯のように太くはなく線のように細い黒です。ウミネコの鳴き声は、その名のとおり猫のようにニャーニャーと鳴きます。春になるとユリカモメもウミネコもそれぞれ繁殖地に帰ってしまうので、茅ヶ崎海岸で見られるカモメは繁殖に関係のないウミネコの若鳥だけといっていいくらいになってしまいます。この若鳥たちは体全体が茶色っぽいので、一見してカモメとは思えない印象を受けます。この中にも、ほかのカモメの若鳥がまじっていることがありますが、前記のようなはっきりした特徴が少ないので、識別は容易ではありません。 (根)
[文化資料館ブックレット3  身近な野鳥 (根) ]
イメージ