ちがさき丸ごと博物館

オオマツヨイグサ

名称 オオマツヨイグサ 別名
所在地
概要 普通に月見草といわれているのは、和名をオオマツヨイグサといい、アカバナ科のマツヨイグサ属に属する。オオマツヨイグサの茎丈は一メートル以上あり、花の直径も五センチ以上で十センチに達する花もある。以前は、あちこちの空き地に群落を見ることができた。しかし、最近は少なくなってきた。 前者の花によく似ているのが、アレチマツヨイグサで、やはり一メートル以上にもなるが、花が小さく径が二センチから四センチくらいである。最近見かけるのはほとんどこの種で、どこの空き地にも入り込んでいる。花期は長く九月ごろまで咲いている。マツヨイグサというのもある。この種は、丈が九十センチ内外で、前の二種に比べると葉の色が濃く、主脈が白く浮き立って見える。また花がしぼんだ後、黄赤色に変わるのも特徴である。 もう一種コマツヨイグサがあるが、茎丈が二十センチから六十センチで、地を這うようにして生え、花の径が二センチから三センチで文字通り小さい。四種とも北米、南米からの帰化植物である。
[]
イメージ