ちがさき丸ごと博物館

香川

名称 香川 別名
所在地
概要 早くから記録に。地名の由来は、分からないが、その名は茅ヶ崎市の中で、かなり早く記録に現れる。約800年前の平安時代末、天養2年(1145)の記録に「大庭御厨(おおばみくりや)内、香川」とある。また鎌倉時代初期には、ここに鎌倉権五郎影正(かげまさ)の子孫で、大庭氏や懐島(ふところじま)氏と同族の鎌倉氏が移って来て、香川氏を名乗った。朝廷側が鎌倉幕府に挑んだ承久の乱では、一族の香河小五郎、香河三郎は幕府方武士として手柄を立てている。そして、今の広島県の一部に領地をもらって移った。地元ではその屋敷を玄珊寺(げんさんじ)の辺りではなかったかと伝えている。
[百科事典用テキストデーター   (根) ]
イメージ