ちがさき丸ごと博物館

カラスウリ(ウリ科)

名称 カラスウリ(ウリ科) 別名
所在地 市内北部丘陵地地域・小出川や相模川の河川敷
概要 朱(あか)くなる前の実にはしま模様があり、ウリ科の植物だということがよく分かります。花は8月から9月にかけて咲き、まるで白いレースを広げたようです。暗くなってから開き始め、夜明け前にはしぼんでしまいます。ほのかな香りが辺り一面に漂い、時には長いストローのような口を持ったホウジャク類やスズメガ類がみつを求めてやってきます。カラスウリはつる性の植物で、他のつる性の植物とともにマントで覆うように、林の緑の植物にからみついて生えます。市内では芹沢の柳谷(やなぎやと)や堤の浄見寺周辺などの北部丘陵地地域に多く、小出川や相模川の河川敷でも見られます。
[]
イメージ