ちがさき丸ごと博物館

南湖院

名称 南湖院 別名
所在地 南湖
概要 世界的に有名なサナトリウムということなので。/明治、大正、昭和の全国有名サナトリウム
南湖院は、医師高田畊安(1861~1945)が開設しました。畊安は、京都府加佐郡中筋村(現・舞鶴市)で生まれ、明治29年(1896)東京の神田鈴木町に東洋内科医院を開業しました。新島襄に師事してキリスト教の洗礼をうけ、明治25年(1892)勝海舟の孫娘にあたる疋田輝子と結婚しました。結核で兄を失い、自分も同じ病気で転地療養をした体験から、結核の治療に生涯をかけました。明治31年(1898)茅ヶ崎駅が開業された時に、南湖に土地を求め、翌年に南湖院を開院しました。また、公開されていませんが、畊安訳の「イエサヤ豫言/第九章五及六」の一節を刻んだ碑(昭和13年:1938)が太陽の郷敷地内にあります。この碑は、畊安が生前自分の墓石として造り、東京谷中の高田家の墓地に送るはずの所、畊安の死や終戦時の混乱のため現地に残されたままになったものです。
神奈川県立茅ヶ崎西浜高校、有料老人ホーム茅ヶ崎太陽の郷の辺り一帯は、かつて東洋一の設備と規模とうたわれた結核療養所南湖院跡です。開設当初の第一病棟など施設の一部が残っています。開院以来、順次拡大整備され、最盛時は約四万坪とも五万坪とも言われる敷地に、多くの患者がいたといわれています。療養生活を送った人々の中には、国木田独歩など多くの著名人がいます。 (根)

[茅ヶ崎市史ブックレット② ちがさき歴史の散歩道 (根)  茅ヶ崎市史ブックレット⑥ 茅ヶ崎の歴史遺産 (根) ちがさき丸ごと博物館ガイドブック(文化財編)  ぶらり散歩 郷土再発見  (根) ]
イメージ