ちがさき丸ごと博物館

カワセミ

名称 カワセミ 別名
所在地 小出川や千ノ川
概要 コバルトブルーの背を見せて、水面を流れに沿って一瞬に飛び去ります。「チィー」という鳴き声で気づくこともありますが、止まっていると鮮やかな色にもかかわらず自然の風景の中に溶け込んでしまい、肉眼で見つけるのは、ちょっと難しいかもしれません。全長17cm、スズメぐらいの大きさです。体に比べて頭とくちばしが大きく、尾は短いのでスマートとは言えませんが、金属的な光沢の青、緑、お腹のオレンジ色などの色彩は、まさに宝石です。オスのくちばしは上下とも黒く、メスは下側のくちばしが赤いので、止まっているときにゆっくり観察すると雌雄を見分けられます。カワセミと言えば、清流を連想しますが、必ずしもそうではありません。事実、市内ではきれいとは言い難い小出川や千ノ川で普通に見られます。この他、行谷の左岸用水、旧相模川橋脚跡などでも見ることができます。本来は、水辺の土が出ている垂直の崖のような場所に穴を掘って巣作りをしますが、最近では、コンクリート護岸の水抜きの管を巣に利用しているという報告もあります。一時期よりカワセミが復活してきているようですが、以前に比べて環境が良くなったわけではなく、カワセミの方が生き延びるために現在の環境に順応しているというべきでしょう。カワセミは感じで「翡翠」と書き、英語ではキングフィッシャー(魚取りの名人)と呼ばれます。小出川の土手の枯草からダイビングして魚を取る姿を見たことがありますが、百発百中というわけではなく、[文化資料館ブックレット3  身近な野鳥 (根) ]
イメージ