ちがさき丸ごと博物館

キャラボク(藤間家)

名称 キャラボク(藤間家) 別名
所在地 柳島2丁目-6-30
概要 「柳島」バス停から西へ200メートルほど入ったところに、江戸時代に柳島村の名主で回船問屋だった藤間家があります。藤間家屋敷のほぼ中央、玄関前のキャラボクは、樹高5メートル、推定樹齢約100年です。、1984(昭和59)年にすがたの「かながわの名木百選」にも選ばれ、1986(昭和61)年には市の天然記念物に指定された。
キャラボクは、山形県から鳥取県の日本海側の山地に分布するイチイ科の常緑低木で、その名は、材の香りがキャラという香りの匂いに似ていることから名付けられている。イチイの変種で春先の新芽は黄金色に輝き美しく、庭木、盆栽、生け垣として利用されることが多い木です。 (根)

[茅ヶ崎市史ブックレット⑥ 茅ヶ崎の歴史遺産 (根) ]
イメージ