ちがさき丸ごと博物館

小出

名称 小出 別名
所在地
概要 北部の丘陵地帯を言う。小出地区は、開発が規制されているので緑が多く、昔が残っている。芹沢、行谷、堤、下寺尾、遠藤の江戸時代の五つの村が明治22年に合併し、小出村となった。村の名は、遠藤の谷あいから出て、村を囲んで流れている小出川からとられてた。全長約12.7キロメートルの小さな川だが、農業に利用されいる。田畑のための人工の水路を「いで」という。小出川とは、「小さないで」という意味である。平安時代中期の「倭名類聚抄」(わみょうるいじゅうしょう)という書物に、古代、この辺にあった地名が載っており、「寒川」や「大庭」と一緒に「渭堤」とある。これは「いで」と読むので、現在の小出川の近くを言ったのだろう。そうすると「倭名抄」は、茅ヶ崎のことが出て来る最も早い記録をなる。昭和22年、遠藤が藤沢市に、他の4村が茅ヶ崎市に合併、小出村は無くなった。1つの村が、分かれて別の所に合併するのはたいへんなことであった。
[百科事典用テキストデーター   (根) ]
イメージ