ちがさき丸ごと博物館

小出地区の道(藤沢一之宮道)

名称 小出地区の道(藤沢一之宮道) 別名
所在地 小出地区
概要 市内の道で、藤沢方面と寒川町の一之宮とを結ぶ道は、大山道のほかに、市内の北部にもあります。これは、現在の上赤羽根堤線と堤下寺尾線にほぼ平行している道で、地元では藤沢一之宮道と呼んでいます。 古老の話によると、昔、多くの集落はこの道沿いにあり、堤の人たちが買い物をするときは、茅ヶ崎方面ではなくこの道を通り、藤沢か一之宮方面へ出掛けたとのことです。
 この道を東原交差点の北側辺りから西へと歩いてみると、交差点のすぐ先は坂道になっています。この坂は鍛冶坂といい、大庭景親が小ヶ谷(藤沢市大庭)でたくさんの軍馬を飼い、馬のてい鉄をこの辺りで作っていたという言い伝えがあるそうです。また、道普請の時、鍛冶の遺物や器具の一部が出土し、野鍛冶跡ではないかといわれていたそうです。この坂を進み、西へ下った辺りは大上の集落です。この集落に隣接している市民の森の入り口近くには、八王子神社があります。この境内にある文化元年(1804年)造立の庚申塔を見ると、向かって右側面に「西一之宮道 東ふじ沢道」、左側面に「なんご道」とあり、八幡姓4名の名が刻まれていますが、このなんご道がどの道を指しているのかは分かりません。藤沢一之宮道が県道遠藤・茅ヶ崎線(小出県道)と交差する近くに堤自治会館があります。この辺りを札の辻といい、ここには、江戸時代に高札場があったといわれています。県道を横切り西に行くと、この道が左カーブになる北側に、数体の石仏があります。この中の文久2年(1862年)造立の馬頭観音の向かって右側面(東方面)には「一の宮ミち」、左側面(西方面)には「ふじさは道」と記され、方向が東西逆になっています。この馬頭観音は、道の反対側(南側)にあったものと考えられます。また、世話人として藤沢3人・恩馬(海老名市)1人・深谷(大和市)1人・善行寺(藤沢市)1人・小和田1人・□ヶ谷1人・村(堤)5人の名前と願主八良左ヱ門の名前があり、広範囲の馬持中が記されていることから、当時、この道が重要な役割を果たしていたことが想像できます。ここを通り過ぎると、堤下寺尾線に合流します。その右側には赤い門の曹洞宗正覚院があり、ここには小出七福神の布袋尊が安置されています。藤沢一之宮線は、建彦神社へ向かっていったん堤下寺尾線を離れ西へ進み、再び合流します。茅ヶ崎北陵高等学校の方向へしばらく行くと道祖神があり、そこで二手に分かれています。藤沢一之宮道は左の細い道です。香川方面へ行く道を横切ってさらに西に行くと、七堂伽藍跡の碑があります。この辺りの地域は、歴史や考古学の分野で注目されていて、北側の北陵高校グランドで古代の高座郡の郡衙跡ではないかと推定される遺跡が発見されました。多くの歴史をたどることができる藤沢一之宮道は、やがて鐘が橋(現在の寺尾橋)を通ると、一之宮に到着します。
[文化資料館ブックレット1  あのみち このみち 歴史みち (根)  ]
イメージ