ちがさき丸ごと博物館

小出二本松

名称 小出二本松 別名
所在地
概要 明治22年(1889)堤・芹沢・遠藤・行谷・下寺尾が合併して村の名前を決めるとき、小出川が村の象徴だからその名をとって小出村とすべきという意見が多く出ましたが、堤では「小出川に関係ない(接していない)」と反対しました。しかし「堤は川に付きもの」ということで村名が決まったといわれています。一方、「二本松」の由来は、小出小学校の西を北へ入る道の両側に、かつて松の生えた塚があったことによるといわれています。小田原北条氏のころ、ここから北へ約1.5?行った遠藤(藤沢市)の宝泉寺下に、当時この地を領していた仙波土佐守の屋敷があり、そこへ通じる道の始点だったそうです。小出小学校のプールの辺りに塚の名残があったといいますが、今は何も残っていません。小出二本松のバス停そばの交差点に大きな石碑が立っています。この碑は、小出村時代の村長を努め、小出県道(県道遠藤茅ヶ崎線)の開通や、産業・経済の発展に尽くした広瀬善治(1880〜1962)の顕彰碑(昭和31年:1956)です。
[百科事典用テキストデーター   (根) ]
イメージ