ちがさき丸ごと博物館

コサギ

名称 コサギ 別名
所在地 小出川、千ノ川、田んぼなどの水辺、馬入川河口付近
概要 コサギは、純白の色とすらっと細いスタイルでご存じの方も多いのかもしれません。市内では、小出川、千ノ川、田んぼなどの水辺で一年中よく見られます。また、馬入川河口付近の汽水域や、三浦半島では海のイケスに魚を取りに来ているところも見られます。
 一般には、「シラサギ」として親しまれていますが、学術上シラサギという呼び名はなく、サギ科の中の白い鳥を通称「シラサギ」と呼んでいるようです。他の白いサギとしては、ダイサギやチュウサギなどが市内で見られますが、コサギは名の通り一番小さい「シラサギ」です。コサギはくちばしが黒く、足の指が黄色いことで他の種類と区別できます。えさは、小魚、オタマジャクシ、アメリカザリガニなどです。えさの捕り方はとても行動的で、魚を追いかけ回したり、足の先で岸辺のヨシの生え際や水底の泥をかき回し、驚いて飛び出すドジョウなどを食べているところが見られます。春になると、目元や足のきれいな赤色の婚姻色といわれる色になります。夏には、後頭に長い2本の冠羽が現れ、背と胸は純白のレースのような飾り羽に覆われます。比較的普通に見られる水鳥です。繁殖は春に行われ、大きな屋敷林や鎮守の森など、平地にあるまとまった林に集団で営巣します。[文化資料館ブックレット3  身近な野鳥 (根) ]
イメージ