ちがさき丸ごと博物館

子どもの暮らし(女の子 遊び)

名称 子どもの暮らし(女の子 遊び) 別名
所在地
概要 手伝いの合い間には、友だち同士で小さい子どもの世話をしながら、おはじきやまりつき、かくれんぼをしたり、家の周りの草花を摘んでままごとをしたり、ジュズダマの実を入れて作ったお手玉をしたりしました。シロツメクサを編んで冠や首飾りに、オオバコやスミレの花で引っ張りっこを、カラスノエンドウやスズメノテッポウで草笛を吹くなど、身近な野草で楽しい遊びを工夫しました。そんなときは、遊びに興ずる子どもたちの声が近所に響いていたものです。年寄りは、留守番がてら家の周りで仕事をし、子どもたちの様子を見ながら、時には遊び道具の作り方などを教えました。[百科事典用テキストデーター   (根) ]
イメージ