ちがさき丸ごと博物館

古墳

名称 古墳 別名
所在地
概要 弥生時代に続く4世紀から7世紀にかけて、各地で古墳造営がはやりました。この時代を古墳時代と呼んでいます。また、この時期に大和朝廷が日本を統一し、全国を支配したことから、大和時代ともいわれます。高塚の古墳 本市では、堤の十二天古墳群と本村(茅ヶ崎駅構内)の石神古墳が、土を盛り上げた高塚の古墳として知られています。十二天古墳群は、県指定史跡の堤貝塚から小さな谷を隔てた東の尾根に造られた二基の古墳かなっています。長さ約30メートルの前方後方墳と直径約20メートルの円墳と推定され、現在は山林の中にひっそりと並んでいます。石神古墳は前方後円墳の可能性を持ち、茅ヶ崎駅東側の東海道線と相模線の分岐点の線路の下に埋もれています。大正15年(1926)の相模線工事の時に、約8メートルの長さの横穴式石室という古墳の主体部(墓室)が確認されており、かなり大きな古墳であると考えられています。ともに古墳時代後期の造営とされていますが、古代茅ヶ崎の北部一帯と南部一帯を支配していた有力者の墓所と考えられます。茅ヶ崎をはじめとした地域の古代社会に大きな影響力を持っていた一族の存在がうかがわれます。横穴古墳 古墳時代後期には、造営に多大な労力を要する高塚の古墳とは異なり、自然の崖面に横穴を掘って墓室を築造した横穴古墳が造られるになり、茅ヶ崎の丘陵でも多数発見されています。特に香川から甘沼、赤羽根にかけて続く、台地と低地の境をなす崖面には、非常に多くの横穴古墳群が発見されています。これらは比較的狭い地域の有力者が葬られたものと考えられ、香川ではゴルフ場の南斜面にある篠谷(しのやと)横穴群、テニスクラブの崖面にある篠山横穴群が有名です。また、甘沼では八幡神社周辺の水道山横穴群、甘沼横穴群、玉林寺裏横穴群、そして赤羽根では宝積寺脇横穴が知られています。平成14年(2002)10月には、市道建設に伴う芹沢字大久保の調査で3基の横穴墓が新たに発見され、大久保横穴群と名付けられました。このような小さな谷に面した斜面に横穴古墳が発見されたので、今後丘陵地の他の谷でも発見される可能性が高いと考えられます。これらの横穴古墳の存在は、葬られた人が治めていた集落が近くにあることを示すものであり、当時の茅ヶ崎の区割りや社会構成を考える上で、大きな役割を担っています。
[茅ケ崎市史④ 通史編 第三章古墳時代とそれ以降  (根)]
イメージ