ちがさき丸ごと博物館

古墳時代の土器

名称 古墳時代の土器 別名
所在地
概要 古墳時代は、土器の歴史に大変革が見られた時代です。約12000年前に誕生した縄文土器は、焼くことによって、堅くて水漏れがしにくく、火にかけて食物を煮炊きすることができる容器として、人間の生活に欠かせないものとなりました。また、加工しやすい粘土を利用するため、いろいろな形の土器を必要なだけ、いつでも造ることができました。縄文人の生活用具の中心的な役割を担いながら、一方では装飾的な縄文文様に社会的役割があったと考えられます。約2000年前に始まる弥生時代にも、土器は野焼きで造られましたが、装飾性は弱まり、器の形も数種類だけに限定されるようになりました。文様は落ち着いた構成になり、生活用具としての役割が主になりました。古墳時代の土器は、土(は)師器(じき)と須恵器(すえき)という器に大別されます。土師器は縄文土器、弥生土器と同じ野焼きで造られたもので、色や質は全く同じですが、文様がなくなる点で違いを見せます。無文になったことで、容器としての役割以外はなくなったことを感じさせます。須恵器は、朝鮮半島からの渡来人によって伝えられた新しい方法で造られました。それは従来の野焼きと違い、窯で焼くものでした。弥生土器以前は、こねた粘土を手づくねで成形していましたが、この須恵器では日本で初めてのろくろが使用されました。ろくろ形成と窯焼きの器は、従来の土器よりはるかに堅く、均一性の高い美しい器でした。この須恵器が現代の陶磁器の原型となるものです。しかし、土師器の生産者たちも、新しい器にライバル意識を持ったらしく、古墳時代の土師器は非常に見事な製品も多く見受けられます。市内では、古墳時代の集落や古墳から土師器、須恵器が出土していますが、須恵器はまだ高級なため一般の集落ではあまり使われていなかったようです。しかし、古墳には副葬されることが多く、香川の篠谷(しのやと)横穴群(おうけつぐん)からは、須恵器の壺(つぼ)、甕(かめ)や瓶(へい)がほぼ完全な形で出土しています。
[百科事典用テキストデーター   (根) ]
イメージ