ちがさき丸ごと博物館

小和田

名称 小和田 別名
所在地 小和田
概要 茅ヶ崎の海に面した東南部一帯は、江戸時代、小和田村の範囲だった。今はここに赤松町、代官町、ひばりが丘、美住町、松浪、平和町、白浜町、汐見台などとたくさんの住居表示が行われている。これは終戦後、住宅開発が進み、移り住んだ人たちが急増したことによる。昔からの集落は、国道1号沿いの本宿、新宿、坂下、浜竹であった。これらの所から海まではかなり遠いが、小和田の旧家や綱元の家が今でもある。明治29年に、歌舞伎の9代目市川団十郎がこの一角に広大な別荘用地を手に入れた。この事は当地の開発の大きな刺激剤になり、茅ヶ崎駅建設運動の発端にもなった、といわれている。当時の駅は藤沢と平塚にしかなく、茅ヶ崎、寒川などの人たちは不便をしていた。どこに駅をつくるかでは、南湖と小和田の中の雲雀ヶ丘(ひばりがおか)との2つの候補地が上がって対立したが、結局今の場所に落ち着き、明治31年に駅は完成した。駅が出来てから、茅ヶ崎は海水浴で賑(にぎ)わい、南湖院(なんこいん)が開院し、またいくつもの別荘が出来て近代化が始まった。地名の由来は姥島(うばじま=エボシ岩)に祭られていた尾根神社の祭神、コワダツミノカミにある、と明治初期の記録に出ている。今は小和田1〜3丁目の住居表示と小和田小学校、小和田公民館の名前などに残っている。
[百科事典用テキストデーター   (根) ]
イメージ