ちがさき丸ごと博物館

サイトバライ(団子焼き、ドンド焼き)

名称 サイトバライ(団子焼き、ドンド焼き) 別名
所在地
概要 1月14日 米の粉で団子を作り、赤や青に染めたものを混ぜて柳などの小枝に刺し、正月のしめ飾りをした場所に供える。午後から近くの道祖神でドンド焼きをする。この時、4日に外したしめ飾りなどを燃やす。この火で焼いた団子を食べると風邪を引かない。書初めをこの火で燃やし、舞い上がると手が上手になる。燃えさしを門口にさしておくと泥棒が入らない。

当市では小正月の火祭をセート焼き(セート払い)・サイト焼き(サイト払い)とよぶ。十四日の午後の行事である。道祖神の祭りと結びついている。村あるいは、村組がこの行事の参加者の単位となって道祖神を祀っている。火祭の用意は十三日から始められる。子供たちが家々を回ってオンビ(オンベとも、御幣紙)や、とり去ったあと保管してあった門松を貰い歩く。十四日になると村の年長者やお宮の世話の人が出て、道祖神を藁小屋で囲い、そのそばに、孟宗(もうそう)竹を芯にして藁・門松・ダルマ・煤掃き竹などを積む。孟宗竹の先にオンビをつけるところもある。用意ができれば、道祖神の藁小屋に火をつける。石の道祖神を火中におけばいたむから、今は形式的に火をかけるだけのところが多い。そのいわれとして、次のような話が伝わっている。
サイトの火にあたればカゼを引かない、燃やした書初めが高くあがれば上手になる、この火であぶった団子を食えば虫歯にならぬ、もえさしを持って帰って門口におけばドロボウよけになる、などという。
 萩園・中島といった村では、サイト払いが終わってから、巡回りの宿に寄って「十四日待ち」をする。道祖神のオヒョウゴ(お表具=掛け軸)を掛け、飲み食いする。ほかに毎月の十四日に行って、無尽をやった。
 県内にはまだ他に類例が見出されていないが、相模川沿いの平太夫新田・萩園・柳島には、この火祭のとき藁で人形を作って焼く行事があった。柳島の例では、人の背丈より高い男女二体の人形を作り、これを道祖神さんという。いちばん火の盛んなとき投げ込んでみんなではやした(口絵写真あり参照)。
 同じ柳島では、十三日から子供たちが藁小屋をつくって、その夜はそこで遅くまで過ごし、昔は泊まり込むこともあったという。前に記した道祖神の藁小屋も、もとは泊まり込むための小屋の、後の変化ではないだろうかと思う。もう一つ、この柳島のサイト払いのときに、火が盛んにもえているころ、前の年にした悪いこと、はずかしいことを大声でいって皆で笑いとばしたという。 (根)
[茅ヶ崎市史③ 民俗編 第六章 年中行事より (根) ]
イメージ