ちがさき丸ごと博物館

相模線

名称 相模線 別名
所在地 茅ヶ崎~八王子
概要 相模線は、相模川流域一帯の利便と相模川の砂利の採取・運搬を目的に計画され、大正10年(1921)に茅ヶ崎〜寒川間が開業しました。開業当時は私鉄でしたが、昭和19年、戦時輸送路確保のため政府に買収され、国鉄の路線となりました。その後SLからディーゼル、そして平成3年には電化されました。 戦前、北茅ヶ崎駅は「日東」といい、香川駅との間には「円蔵」、「香川台」の駅がありましたが、現在はありません。
かっては、砂利を運んでいた相模線は、現在では一昔前とは性質を異にしています。首都圏の鉄道として、新しい指名を帯びています。「空気のきれいなところへ」と願うサラリーマンのマイホームの夢は、相模線の走る郊外へと広がって、朝夕のラッシュ時には、通勤・通学などの乗客は増える一方です。茅ヶ崎のローカル線相模線は、今日も若者たちをのせて、住宅街をゆっくり走っています。[ちがさき丸ごと博物館ガイドブック(文化財編)  ぶらり散歩 郷土再発見  (根) 茅ケ崎の昔話(改訂版)・高橋昭和著  (根) ]
イメージ