ちがさき丸ごと博物館

死に切れ

名称 死に切れ 別名
所在地 矢畑
概要 今から約150年位前、矢畑の鎮守本社明神の社殿を、今の所に移した跡地の森を伐採したところ、鋸が通ったのに木は倒れなかった。その夜大風が吹き荒れて、その大木はようやく倒れた。この神社を今の所に移すことを相談した世話人や杣人(さきやま)等は皆死んで跡継もなくなった。御神木を伐った神罰だろうと言い伝えられ、このため死に切れと言った。 
[鶴嶺郷土誌 鶴小昭三 12.8.1]
イメージ