ちがさき丸ごと博物館

下寺尾村

名称 下寺尾村 別名
所在地 下寺尾
概要 下寺尾村は、高座丘陵の西南端にあり、東は堤村、西は岡田村(寒川町)、南は香川村、北は行谷村に接していました。村の名前の由来には2つの説があり、その1つは、天保12年(1841)に編纂された『新編相模国風土記稿』(以下『風土記稿』)によるもので、「ここから北の方角、約8kmを隔てて寺尾村という村がある。そこは正保のころ(1644〜47)、上寺尾村といっていたので、その村に対して下寺尾村という」とあります。2つ目の説は、明治12年(1879)にまとめられた『皇国地誌』にあり、「長徳年間(995〜998)、詔(みことのり)に基づいて村内に七堂伽藍を建て、龍沢山海円院と称した。その寺の尾ということから村の名が付いた」というものです。今日、七堂伽藍があったといわれている辺りに記念碑が立っています。この七堂伽藍は、江戸時代の元禄15年(1702)の銘のある『上正寺略縁起』に次のように出ています。「昔、聖徳太子が諸国を回っている際、この地に至り、仏教を広めるに良い地として自分の姿を彫刻し、残した。時代は移って天皇が霊夢をご覧になり、この地に大寺院を建て、海円院と名付けられた。寺は寿永・文治のころ(1182〜89)兵火のために炎上し、小和田村に移ったが零落し、聖徳太子の像も雨露のために傷んでしまった。嘉禄年中(1225〜26)、親鸞上人は寺名を無上正覚寺と変え、後世さらに寺名は上正寺と略され、復興して今に伝わる」 上正寺に聖徳太子の木像が今も残っていますが、縁起を史実に照らすことは困難です。しかし、下寺尾の七堂伽藍跡といわれる所から古代の布目瓦や土器などが出土しています。瓦は平安時代のものが多く、奈良時代にさかのぼると考えられるものもあります。市教育委員会では、寺院の遺構を確認するために発掘調査を進めています。江戸時代、村の領主は、旗本の松平、永井、筧の三氏でした。
 松平氏は天正19年(1591)5月、忠政が徳川家康から村内の300石を、永井氏は慶長元年(1596)白元(あきもと)の時に、筧氏は元和元年(1615)為春の時に、それぞれ知行地を与えられました。3人とも戦国時代の戦乱を経たつわものだったそうです。曹洞宗の寺院、白峰寺は『風土記稿』によれば、松平忠政の孫、重継が開基となって建てたとあります。重継は慶長12年(1607)に下寺尾村で生まれ、慶安元年(1648)大阪町奉行となり、寛文11年(1671)6月3日に64歳で亡くなったとあります。境内に葬られ、法名は「月照院白峰道晧」です。寺名はこの法名によっています。本堂の裏手の少し高いところに笠付きの立派な墓塔が7基並んでいます。そのなかの向かって右から4番目の塔が重継の墓塔で、表面に法名が、裏面には 寛文十一年□□歳六月二日 南無十方佛 松平隼人正従五位下源重継 とあります。松平家のように、旗本たちは、家康に従って関東に移住した当初、最初にもらった領地に住んだようです。しかし、下寺尾ではそこがどこなのか分かりません。
[文化資料館ブックレット2  ちがさき村ごと歴史散歩 (根) ]
イメージ