ちがさき丸ごと博物館

常顕寺

名称 常顕寺 別名
所在地 萩園1441
概要 満福寺の南隣が常顕寺です。日蓮宗で山号を本立山といい、元応〜正中年間(1319〜26)に創建されたと伝えられ、鎌倉の妙本寺を本寺としています。本堂に祭られる日蓮上人の坐像は、室町時代の大永7年(1527)の銘を持つ古いもので、平成8年11月、市重要文化財に指定されました。明治7年(1874)、この寺に「萩園学校」(当初は詳恭学舎)が設けられ、同10年(1877)に今宿に「台学校」ができるまで続きました。それを記念する碑が本堂前にあります。
[ちがさき丸ごと博物館ガイドブック(文化財編)  ぶらり散歩 郷土再発見  ]
イメージ