ちがさき丸ごと博物館

縄文人

名称 縄文人 別名
所在地
概要 縄文時代後期(3500年前)は縄文文化の成熟期といわれています。精巧で落ち着いたデザインを施したさまざまな形の土器が造られたように、優れた文化を持つムラが各地で営まれました。本市では、貝塚を残す大集落が台地(丘陵)を4つに分けるような配置で存在し(下図参照?〜?)、相互に関連をもちながら縄文社会を形作っていたものと思われます。縄文海進(※)にみる地球温暖化は最高期を迎え、その後寒冷化が進むとともに海水面が下がり、砂底が露出し始めました。波と風は砂丘を形成し、新たな陸地を広げていきます。下寺尾の低地に立地する七堂伽藍(がらん)跡では縄文時代前期(6000年前)の諸磯(もろいそ)式という、砂丘地帯最古の出土遺物とされる土器が発見されています。これは、前期後半には新たな砂丘地形が形成され、縄文人は台地から新たな土地に進出して活動し始めたことを物語っています。香川の北B遺跡の一面では、縄文時代中期(4500年前)の五領ヶ台(ごりょうがだい)式という時期の集石が多く見つかり、こぶし大の石を利用して何らかの行為があったことが確認されるなど、時代が進むにつれて低地への進出に広がりが認められます。このことから、下寺尾の台地から下寺尾低地、香川へと砂丘地形が広がっていったことを知ることができます。市の東部では、赤羽根の新湘南バイパス付近の砂丘遺跡である二図遺跡と六図遺跡で、縄文時代中期から後期(4000年〜3500年前)にかけての土器片が出土していて、赤羽根地域の砂丘地形の発達と土地利用の開始の時期を知ることができます。しかし、竪穴住居跡などの生活遺構は全く発見されず、赤羽根地域ではまだ生活の根を下ろすことがなかったものと考えられます。※ 縄文海進…縄文時代前期にあった、温暖化による海面上昇 市の東部の低地では、赤羽根の新湘南バイパス付近にある二図B遺跡と六図D遺跡で、縄文時代中期から後期(4000年〜3500年前)にかけての土器片が出土しました。これらの土器片は、松林・赤羽根地域では今のところ最も古い人工の遺物です。このことから、縄文時代中期の後半には、赤羽根地域はすでに海ではなく、砂丘地形になっていたことが分かりました。そして縄文時代の人々が何らかの活動を始めたことも示しています。しかし、竪穴住居跡などの生活の痕跡は全く発見されていないので、赤羽根地域では縄文時代後期までは、住居環境が整っていなかったと推定されます。砂丘と砂丘の間に残された湿地帯は最初、塩分が強かったため、淡水になるには非常に長い期間が必要だったと考えられます。そのため植物の成育が進まず、不毛の砂地形が長く続いたことが、住居地として選ばれなかった主な原因だと思われます。しかし、海水面の低下と海岸線の南下(海退)はさらに続き、縄文時代の終わりごろまでに、少なくとも現在のJR東海道線辺りまで砂丘地形が広がっていたことが分かってきました。本村の居村(B)遺跡では、縄文時代晩期(2500年〜2100年前)の終わりごろの土器が出土しました。また、水道局の南側に隣接する南谷原遺跡では、黒曜石製の矢じりや黒曜石の剥片(はくへん)が出土したことから、この遺跡で石器を作成していたと考えられています。晩期の遺跡は、今のところ本村地域に限られていますが、この時期に移り変わる弥生文化との接点を持つ人々が存在した可能性が高く、関東地方の弥生時代の始まりを解明する上でも非常に注目されます。<茅ヶ崎の弥生文化の始まり> 約10000年の長きにわたる縄文文化は。「米作り」と「鉄器の使用」に代表される弥生文化に吸収されていきますが、関東では弥生時代の中期に、文化の移り変わりが認められます。茅ヶ崎では、砂丘地形上に立地する小和田の宿遺跡と本村の居村(A)遺跡、低い台地に立地する下寺尾の西方A遺跡に、弥生時代中期のムラが発見されています。茅ヶ崎に入ってきた弥生人は、初めに海岸と相模川に近いところを居住地として選び、開拓のムラを営みました。
[百科事典用テキストデーター   (根) ]
イメージ