ちがさき丸ごと博物館

縄文文化

名称 縄文文化 別名
所在地
概要 約10000前ころ、極寒の氷河期時代は終わりを告げ、気候は穏やかに温暖化へと進んでいきます。活発だった火山活動も減少し、落ち着いた自然環境が整い始めました。荒涼とした台地の景色は徐々に緑を増し、林や草原の草木の繁茂に合わせ、動物たちの活発な行動が見られるようになります。約12000年前には、世界最古の土器とされる縄文土器が日本の各地で作られ、使用されたことがわかっています(縄文時代草創期)。人類の誇るべき発明の1つといえる土器は、その後の人類の食生活や生活用具に多大な影響を与えました。縄文時代早期前半(8000〜10000年前)に使用された土器は、底の尖った小型のものが多く、文様も簡素なものでした。定住のムラを営むことはまだ難しく、移動生活が主体であったと思われます。本市では、芹沢の臼久保A遺跡や行谷の行谷遺跡、甘沼の長谷B遺跡、下寺尾の西方遺跡群などで早期の土器が発見されています。今のところ、この時期の竪穴住居跡は発見されていませんが、堤の長谷B遺跡では、屋外に長だ円形の穴を掘って火をたいた跡である「炉穴」が多数見つかりました。縄文時代早期後半(7000〜8000年前)に特有なキャンプのような生活の痕跡です。また「炉穴」群の近くにある尾根筋や斜面には落とし穴がたくさん掘られていることが多く、落とし穴による狩猟も盛んに行われていたことが知られています。縄文時代早期後半に一部出現した土器の平底化は、前期(7000〜5000年前)になってほぼ確立します。平底化とともに大きな土器も見られ、定住生活の一般化がうかがえます。土器の形も多様化し、煮炊き用以外の器も使用され始めました。またさまざまな縄文様が土器の表面に施され、縄文人の精神生活にも余裕が生まれてきたことを感じさせます。また屋内に炉をもつ竪穴住居が一般化して、地域に根差したムラが社会構成の単位になりました。このころ、地球は最も温暖化し、その影響で海水面が上昇しました。本市では、香川・甘沼・赤羽根辺りまでが海であったと考えられています。台地(丘陵)には落葉・広葉樹林が発達し、森林や草原には腐葉土(黒土)が堆積していきます。1〜2メートルの厚みをもつ黒土層は、縄文時代から現代まで約10000年にわたって少しずつ堆積したものです。この中には下層から古い順に各時代、各時期の土器や石器が包含され、長期間にわたる歴史の積み重ねを見ることができます。
[百科事典用テキストデーター   (根) ]
イメージ