ちがさき丸ごと博物館

シラサギ

名称 シラサギ 別名
所在地
概要 一般によくシラサギといいますが、シラサギという名前のサギはいません。ダイサギ、チュウサギ、コサギなどの白いサギを称してシラサギといっています。茅ヶ崎では、ダイサギ、チュウサギ、コサギとも確認されています。名前のとおり大きさによって名付けられており、見分けるのに一つの目安にもなっています。ダイサギは90センチほどで、主に冬鳥としてやってきます。チュウサギは、70センチほどで主に夏鳥としてやってきますが、茅ヶ崎ではめったに見られません。コサギは60センチほどで、留鳥として一年中ポピュラーに見られます。千ノ川や小出川、田んぼでえさをとっているシラサギをよく見かけると思いますが、コサギといってもまちがいありません。相模川河口の干潟でもよく見かけますが、神奈川県の記録によれば近年は海水域にも進出し、海上の生けすの魚を捕食するコサギも見られるそうです。また市街地でも見られ、東海岸にある高砂緑地の池にも飛んできて魚をついばむこともあるそうです。くちばしや足は黒色ですが、足指は黄色く、歩くときにはその黄色が目立ちます。これもチュウサギやダイサギと区別する特徴ともなっています。白い姿が飛ぶ様子や、木に止まって純白が緑に映える様は、まさに絵になります。
[文化資料館ブックレット3  身近な野鳥 (根) ]
イメージ