ちがさき丸ごと博物館

芹沢のお化け

名称 芹沢のお化け 別名
所在地 芹沢
概要 今より60年程前の7月13日の事、太平洋戦争も激しく、浜降祭もなかった。前芹沢の農家の気丈な人が、仲谷への帰りの道、大明神の前を通り、いつもの様にお詣りをしようと頭を下げると、真っ暗な神社の奥の方から、真っ白い着物を着て、歯をむき出しにして、頭がボサボサで、頭の上が光った者がスーッと来るではないか。気丈な人もびっくりして、恐ろしさのあまり自分の家には帰れず、お宮の前の田代さんへ一晩泊まってしまった。この話は村中の噂となり、色々な話となった。お宮にお化けが出るとか、今年はみそぎがないので、神様が独りで海に行かれたとか。また、戦争に勝たねばラッキョウ3粒で赤飯を食べろとか。

[茅ヶ崎市史③ 考古・民俗編  (根) ]
イメージ