ちがさき丸ごと博物館

尖頭器

名称 尖頭器 別名
所在地 茅ケ崎市北部の遺跡
概要 茅ヶ崎市域には、縄文時代より前の旧石器時代後期(約12000年〜30000年前)に既に人々が生活していました。それを示す数少ない遺物が尖頭器と呼ばれる旧石器です。尖頭器とは読んで字のごとく、頭すなわち先の尖った石器という意味です。一般的に旧石器は、黒曜石、チャート、頁(けつ)石、安山岩など、硬くてしかも加工しやすい石材を利用し、それらを打ち割って用途に応じてさまざまな形と働きを持つものがつくられました。尖頭器はこれらの石を木の葉形に整形し、周囲を細かく調整して刃をつくり、槍の穂先形につくりあげています。市北部の台地に位置する堤の杉山原遺跡の赤土(関東ローム層)中から見つかったものは、1万数千年前ごろのものと考えられます。長さは8.6cmで、石質は安山岩のようです。狩りの道具としてつくられたものらしく、長い柄の先に付けて石槍としてイノシシやシカ、あるいはもっと小さなウサギなどの小動物を捕るのに使っていたのかもしれません。このほかにもう1点、やはり市北部の芹沢の台田遺跡から尖頭器が出土しています。これらは茅ヶ崎に最も古くから住んでいた人たちが手を加えてつくった、最も古い道具と考えられます。

[百科事典用テキストデーター ]
イメージ