ちがさき丸ごと博物館

千の川のおせん

名称 千の川のおせん 別名
所在地
概要 川の上流、一本松の北に当たり、本村から矢畑に通ずる里道があって、今は小さな石橋がかかっている。昔むかし、甲村のおせんといった少女が、乙村のある人のもとへ嫁入った。黄道吉日(良い日)を選び、新婦は正装し多くの提灯にまもられて、わが家を出た。親族縁者みな微酔を帯び(少し酔って)、笑いさざめく中に、新婦はうれしきや、はずかしきや、口を結びてもくもくと歩を運び行きて、川の畔にいでし時、不意に橋上から、ざんぶとばかりとび込んでしまった。人びとあわやと驚いて、「おせん おせん。と呼べど、水煙も消えて、答えるものはただやみ夜の水のせせらぎばかり。これから、この川を千ノ川と名づけ、嫁女は忌みて、決してこの橋を渡らぬならわしとなった。

[水越健 『茅ヶ崎郷土史』 あしかび叢書3 昭和34年]
イメージ