ちがさき丸ごと博物館

相模川

名称 相模川 別名
所在地 平太夫新田・中島・柳島
概要 相模川(さがみがわ)は、山梨県・神奈川県を流れる相模川水系の本流で、全長109キロメートル一級河川である。
上流の山梨県では、桂川(かつらがわ)、河口近くの下流では、馬入川(ばにゅうがわ)と呼ばれている。古くは、鮎川(あゆかわ)と呼ばれた。山梨県南都留郡山中湖村、富士五湖の一つでもある山中湖を水源とする。富士山北麓の水を集めながらまず北西に流れ、富士吉田市で北東に折れる。都留市を経て大月市で流路を東に変える。相模湖と津久井湖(ともに相模原市)という2つのダム湖を経て、ゆるやかに進路を変え、厚木市からは南にまっすぐ下り、神奈川県中部を貫き平塚市・茅ヶ崎市の境付近で相模湾に注ぐ。
相模川では1938年に神奈川県が相模川河水統制事業に着手し、以来戦後にかけて総合的な河川開発事業が進められた。
左岸には数段の段丘面を持つ相模野台地(相模原台地)が広がり、南に流路を変えた厚木市・座間市よりも下流には自然堤防を伴った沖積平野を発達させている。
河口における三角州の発達は見られない。昭和3年より、県営相模川左岸用排水改良事業として始まり、9年余りの歳月をかけ、相模原町磯部(現相模原市南区磯部)から茅ヶ崎町(現茅ヶ崎市室田)に至る、21km余の用水路が建設された。 (根) 
[フリー百科事典『ウィキペディア』から  (根) ]
イメージ