ちがさき丸ごと博物館

茅ヶ崎駅周辺の道

名称 茅ヶ崎駅周辺の道 別名
所在地 茅ヶ崎駅周辺
概要 「エメロード茅ヶ崎」は、JR茅ヶ崎駅北口から国道1号の十間坂へ抜ける約450mの道で、「銀座通り」、「停車場通り」などの呼び名がありました。「停車場通り」の呼び名は、明治31年(1898年)東海道線茅ヶ崎停車場(茅ヶ崎駅)の開業後の付けられたもので、それまで繁華街であった茶屋町の旅館、料理屋など多くの商店が、「停車場通り」に移転しました。これらの商店は、南湖院を訪れる人や別荘客などにも利用され、にぎわいを増しました。大正6年(1917年)に、通りの北側の東海道沿いに純水館(製糸工場)が開業し、大正10年(1921年)には女子作業員数が339人を数え、日用品需要が生じました。これをきっかけに、商興会が組織され、通りに街灯が設置されました。毎月3の付く日には3日市が催され、露店などでにぎわいを見せたといわれています。こうして駅を中心とした通りに新しい街並みができ、新町と呼ぶようになりました。昭和になって、地元の商店会が、地域振興のためこの通りを「茅ヶ崎銀座通り」と名付けました。厳島神社には、たくさんの石柱で玉垣(神社の周囲に設ける垣)が造られています。昭和33年(1958年)に地域の人が奉納したもので、その刻銘を見ると当時の街並みが想像されます。昭和60年(1985年)に「茅ヶ崎銀座通り」の愛称が「エメロード茅ヶ崎」と名を改め、現在に至っています。緑色の光沢がある宝石の「エメラルド」と道の英語読み「ロード」を組み合わせたもので、完成を記念してアーチや街路灯に「エメロード茅ヶ崎1986」と記されています。大正12年(1923年)7月に茅ヶ崎駅南口駅舎が開設されると、駅の南側周辺にも新しい道ができました。現在のみなみマートの辺りには、昭和2年(1927年)に大黒館(その後、国際劇場と改称)という映画館が開業し、昭和40年代初頭まで営業していたことから、この映画館の前の通りは「大黒館通り」と呼ばれました。この道を南方へ行くと、茅ヶ崎小学校の校門前の通りと交差し、さらに南湖方面へ続く道となります。この道は「病院道」、「南湖院道」などの呼び名がありました。現在は、通称「海岸通り」といわれており、地元の人の話によると、以前あった南湖橋(現在の共恵と南湖の境付近にあった橋)付近までを呼ぶ場合と、六道の辻までを呼ぶ場合とがあるようです。この通りは、戦前は海水浴場や南湖へ行く主要な道路になっていました。昭和初期には道幅が狭く、下水溝もない道で雨が降るとわらで作った袋を道に敷いて泥よけにしました。地元の人たちの要望により、改修を行い現在のような道になり、毎週土曜日にはこの通りに市ができ、夜店も出ました。その後、土曜会と呼ばれるようになり、広場などで演芸や盆踊りなどが行われ、新町の3日市と並んでにぎわいました。
[文化資料館ブックレット1  あのみち このみち 歴史みち   ]
イメージ