ちがさき丸ごと博物館

中世の茅ヶ崎

名称 中世の茅ヶ崎 別名
所在地
概要 懐島 12世紀末に始まる鎌倉時代から、16世紀末までの戦国時代は、中世と呼ばれています。市内では、鎌倉幕府の御家人だった懐島(ふところじま)(大庭)景能が円蔵の神明大神付近に館を設け、初期の鎌倉幕府の安定に活躍していたと考えらています。この辺りは相模川下流に位置し、小出川や千ノ川などの低湿地帯に囲まれていたため、自然の要塞としてこの土地を選んだものと思われます。「懐島」という名から、この西久保、円蔵、矢畑、浜之郷辺りがいわば島のような景観であったことがうかがえます。現在、国指定史跡である「旧相模川橋脚」は、中世初期の面影を伝える貴重な遺構として、保存整備が進められています。鎌倉幕府の大将軍、源頼朝が落成式に訪れた橋と考えられ、歴史の中心人物と本市を結ぶ架け橋ということもできます。 鶴嶺八幡社・上ノ町遺跡 鶴嶺八幡社は、平安時代末期に創建されたという縁起(記録)を持ち、市内では最も古い神社の1つと考えられます。鎌倉の鶴岡八幡宮よりも古いとも伝えられており、同じ「鶴」の字が付くことは、この地と鎌倉の関係の深さを感じさせます。鶴嶺八幡社には、かつて12の別当(坊)があったといわれていますが、現在ではその存在を明らかにするものは、ほとんどありません。中世後半以降の戦乱の世に、この地も巻き込まれていったことを感じさせます。現在の龍前院参道と鶴嶺八幡社の横大門とが接する辺りで実施された本社A遺跡の発掘調査では、戦国時代(16世紀)の土木工事の遺構に、多数の宝篋印塔(ほうきょういんとう)や五輪塔(いずれも墓石の一種)の石が2次利用されていることが確認されました。これは、それまでの住人の墓地が破壊されたことを意味するものです。この事実から、戦国時代後半に大きな政治的変動があり、茅ヶ崎の住人の移り変わりがあったと推定されます。西久保の上ノ町遺跡では、武家屋敷と推定される遺構群も発見されています。そして本市全域で、この時期の遺跡が多数見つかっており、現在につながる地域基盤ができたことがうかがえます。この時期から江戸時代(近世)には、ほぼ現在の茅ヶ崎が形づくられたと考えられます。 
 
[百科事典用テキストデーターより  (根) ]
イメージ