ちがさき丸ごと博物館

柳谷

名称 柳谷 別名
所在地 芹沢
概要 自然/里山の自然がよく残っている。動植物。地層。遺跡(縄文時代中・後期、古墳時代)

芹沢の中心であり、宗教的には、東の善谷寺の檀家が多い。平成十二年迄に県立公園が出来ると云われ、土地の常盤氏などは他所に移る事になる。(原)

茅ヶ崎市芹沢一帯には昔「九十九谷戸」と呼ばれるほど多くの谷戸がありましが、里山公園内の谷戸は柳の形に似ていることから柳谷(やなぎやと)という名前が付けられたとも言われています。
約24ヘクタールもの面積をもつ柳谷は、樹林、草地、水辺(水田、湿地、細流)が組み合わさった良好な谷戸環境で、多様な生物が生育・生息できる場所となっています。平成15年度から17年度に実施した「茅ヶ崎市自然環境評価調査」では、特に重要な地域と評価され、「茅ヶ崎市環境基本計画(2011年版)」では、優先的に保全する7つのコア地域のうちの一つに位置付けています。
[茅ヶ崎の地名 樋田豊宏編集]
イメージ