ちがさき丸ごと博物館

ドクダミ(ドクダミ科)

名称 ドクダミ(ドクダミ科) 別名
所在地
概要 ドクダミは地方によって、イヌノヘ、カッパノヘ、ヘコキクサ、ヨメノヘ、クサイバ、ジゴククサなどと呼ばれています。ドクダミは取り除こうと引き抜くと、白い地下茎を付けてプツッっと切れてしまいます。ドクダミの地下茎は地中に縦横に通っていて、節ごとに細い短い根を出しています。葉と茎を抜いても、地下茎は地中に依然として残り、残ったところからまた成長を始めます。花は5〜7月ごろに咲きます。1〜2センチの4枚の白い花びらのように見えるものは、総苞片(そうほうへん)と呼ばれる葉が変形したもので、花びら(花弁)ではありません。花は中央に伸びる1本の花軸にたくさん付き、下から順に咲いて穂のようになります。淡黄緑色で、先端が3つに分かれた雄しべと3本の雌しべとからできた花びらのない単純な構造の花で、薄暗いところを好む植物です。ドクダミは、毒や痛みによく効くというので、漢方薬の代表になっています。強烈な臭いを持っていますが、清楚(せいそ)な花を咲かせます。
[]
イメージ