ちがさき丸ごと博物館

中原往還

名称 中原往還 別名
所在地
概要 中原往還は、室町時代の記録にも表れている古道で、後北条氏も小田原と江戸を結ぶのに使ったといわれています。江戸時代初期には徳川家康がしばしばタカ狩りの名目でこの往還を通り、現在の平塚市中原に構えていた御殿に通ったことで知られ、東海道が整備される以前は武蔵と相模を結ぶ重要な幹線だったといわれています。その道筋は、江戸の虎ノ門を起点として、丸子(川崎市中原区)の渡しで多摩川を越え、用田を通過し、四之宮(平塚市)の渡しで相模川を渡り、中原を過ぎて大磯宿に至っています。
天正18年(1590年)に、家康が江戸城に入る時に中原往還を使ったことから中原往還も藤沢市や大和市で新道と呼ばれるようになったといわれています。
[文化資料館ブックレット1  あのみち このみち 歴史みち (根)  ]
イメージ