ちがさき丸ごと博物館

西久保

名称 西久保 別名
所在地 西久保
概要 茅ヶ崎駅北口から寒川方面行きのバスに乗ると、矢畑を過ぎ、やがて、新湘南国道の建設現場に差し掛かる。ここの西南部一帯は、江戸時代の西久保村のあったところだ。「くぼ」と付く地名は、大体どこも土地の低いところを言い、ここも昔は「西窪」と書いたものがある。東隣の円蔵(えんぞう)との間には、今は住宅地になっているが、一筋の低地があり、また、西側は畑や水田を隔ててそのまま小出川に続いている。昔からの集落は、これら両低地の間にある微高地の上に展開している。この地形はまさにくぼという名前のとおりである。「新編相模国風土記稿」には、「円蔵村の枝郷(えだごう)」と出ている。円蔵からすれば西に当る低地なのである。小出川に近い田の中に、耕すのを忘れたかと思うほどの、ほんの数坪の土地がぽっかりとある。これは「えな塚」と呼ばれている。昔、源頼朝お気に入りの丹後の局(たんごのつぼね)なる美人がいた。頼朝の子供を宿すに及んで、政子(頼朝の正妻)の嫉妬を恐れ、ひそかにこの地へ逃れて来た。やがて玉のような男の子を産んだ。そのときのえなを埋めた跡だと言われている。近くに、桜屋敷と言うところがある。局が隠れていた屋敷跡という。丹後の局から生まれた男の子は、長じて、薩摩、島津の荘の地頭に任ぜられ、島津氏の祖になったと伝えている。
[百科事典用テキストデーター   (根) ]
イメージ