ちがさき丸ごと博物館

八王子道

名称 八王子道 別名 さかな道・逓送の道・なんご道
所在地 今宿・萩園
概要 国道1号の今宿の信号を北に向かう道を八王子道といいます。八王子市まで約40キロメートルあまりの道程ですが、明治12年(1879年)の『皇国地誌』に、始点の今宿から寒川町の田端境までの935間半(約1.7Km)、道幅は2間(約3.6m)と記されています。本市はわずか2?足らずの道筋ですが、今宿の鎮守・松尾神社、萩園の鎮守・三島神社、常顕寺、万福寺など古くからの社寺が並び、その先は寒川町、海老名市、座間市、相模原市、八王子市と続き、途中、中原街道、矢倉沢往還道などの古道と交差します。江戸時代、八王子は甲州街道の宿場として多くの商人や問屋が軒を並べ、周辺の生産物は1度ここに集められて各地に運ばれました。湘南地方から八王子に向かう道は、今宿のほか、藤沢や平塚にも起点があり、これらの道も厚木市や海老名市で合流しました。横浜から始まる八王子道は、「絹の道」と呼ばれました。これは安政6年(1859年)の神奈川港開港以来、日本からの生糸の輸出が増大し、八王子近在や信州(長野県)や甲州(山梨県)の養蚕地で生産された絹が、八王子に集められた後、横浜に運ばれたためです。また茅ヶ崎辺りでは、今宿からの八王子道を「さかな道」とも呼びました。明治から昭和にかけて、南湖にはボテフリ(棒手振り)という魚の行商人が大勢いましたが、魚屋は夕方浜に水揚げされた魚を仕入れ、翌朝暗いうちからてんびん棒に下げて、県央部、県北部へこの道を通って売り歩きました。歩いて行っていたころは、真っ暗のなかのたんぼが気味悪く、夜通し歩いて当麻(相模原市)辺りで夜が明け始め、橋本(同市)に着くころ明るくなったと伝えられています。帰路は、歩く人、相模線に乗る人、当麻辺りから相模川の下り船に乗る人などさまざまだったそうです。『萩園のうつりかわり』には、この道を「逓送の道」とも呼んだと記されています。明治〜大正時代、有馬村(海老名市)の郵便局から茅ヶ崎の茶屋町にあった郵便局の間は「毎日決まった時間に、有馬村の郵便夫が天秤棒の先に郵袋をつけて担いで往来した」と書かれています。今も、寒川方面に向かう田端のバス停わきに、高さ50cmほどの石の道しるべが立っています。正面には「伊勢講成就」、側面にそれぞれ「左なんご道」、「右馬入みち」と彫ってあり、北から来た人が「なんご道」をたどれば、今宿を通って南湖へ出ることができることを示しています。八王子道がさかな道、逓送の道、なんご道と幾通りにも呼ばれていることは、それだけ多くの人が使った道であることを示しているといえます。
[文化資料館ブックレット1  あのみち このみち 歴史みち (根)  ]
イメージ