ちがさき丸ごと博物館

馬入の渡し(中島)

名称 馬入の渡し(中島) 別名
所在地 中島
概要 相模川の東岸に位置する中島は、江戸時代は中島村といいました。村内を東海道が通っていたので、村には相模川の渡船場の定助郷が課せられていましたが、それ以外に「状部屋」の番をする仕事もありました。状部屋というのは、幕府公用と、尾張・紀州藩の書状を相模川の川止めの場合留め置くためのもので、村人がこれを守ることになっていました。また渡船場は、今の馬入橋の上手と、対岸の馬入村(平塚市)を結んだ辺りにあったと考えられています。
[ちがさき丸ごと博物館ガイドブック(文化財編)  ぶらり散歩 郷土再発見  (根) ]
イメージ