ちがさき丸ごと博物館

懐島景能

名称 懐島景能 別名
所在地 円蔵
概要 平安時代の後半期、鎌倉権五郎景正は、相模川から今の藤沢市一帯を開墾して伊勢神宮に寄進し、その地は大庭御厨といわれました。景正の孫景忠はここを支配して大庭氏を名乗り、その長男の景能は御厨内の懐島(円蔵・西久保辺り)を本拠にし、弟の景親は大庭荘を継ぎました。治承4年(1180)、源頼朝の挙兵に際し、景能は源氏につき、景親は平家につきました。源氏が勝利したことにより、景親は固瀬川(片瀬川)のほとりで首をはねられました。一方景能は鎌倉幕府の御家人として重用され、懐島郷を支配し館を置きました。『新編相模国風土記稿』の円蔵村の項に、「神明社が二社ある。その内一社は景能の館跡にあり、屋敷の鎮守と伝える」とあります。現在の神明大神がそれに当たるといわれています。建久元年(1190)、頼朝は京に向かう際、この館で一泊したといいます。景能は、承元4年(1210)4月9日、懐島郷の館で没しました。[ちがさき丸ごと博物館ガイドブック(文化財編)  ぶらり散歩 郷土再発見  (根)]
イメージ