ちがさき丸ごと博物館

懐島郷

名称 懐島郷 別名
所在地 円蔵・浜之郷・矢畑・西久保の一帯
概要 大庭御厨(おおばみくりや)と懐島郷は、歴史上重要な地名であるが、今は消えて、ない。「大庭」の名は藤沢市の北部に今も使われている。平安時代の後期に鎌倉権五郎影正(かげまさ)が開発し、伊勢神宮に寄進した荘園で、今の茅ヶ崎市の大部分も含まれた。懐島郷は平安時代末期、大庭氏から出た大庭影義(かげよし)の開発によるもので、「新編相模国風土記稿」では、浜之郷、矢畑、円蔵、西久保の範囲だとしている。影義はここで懐島氏を名乗る。頼朝挙兵の時、兄影義は頼朝につき、弟影親(かげちか)は、頼朝に敵対したことは有名な話である。影義の館は、円蔵の神明神社のあたりだったという。頼朝が京に上るとき、そこで1日目の夜を過したと記録にある。影義は頼朝のもとで作事奉行として鎌倉の町づくりに活躍した。そして、一生を全うし懐島の館で亡くなっている。懐島氏は次の影兼の時に、勢力争いに敗れ滅亡し、その郷は別の豪族の領地となった。中世から近世への変化の中で、この郷名は消えていった。今は、懐島が地名として使われることはない。
[茅ヶ崎市史ブックレット② ちがさき歴史の散歩道 (根)  ]
イメージ