ちがさき丸ごと博物館

放生木簡

名称 放生木簡 別名
所在地 本村4丁目
概要 昭和63年、埋蔵文化財の発掘調査で、海前寺の西にある居村B遺跡から奈良・平安時代の多くの遺物とともに木簡が出土しました。その1つから、「放生会」という仏教行事に関する文字が解読されました。木簡の出土は大変珍しく、近くに公の施設があったのではないかと考えられています。現在、発掘の跡は元に戻されています。
[ちがさき丸ごと博物館ガイドブック(文化財編)  ぶらり散歩 郷土再発見  (根) ]
イメージ