ちがさき丸ごと博物館

宝塔(信隆寺) 

名称 宝塔(信隆寺)  別名
所在地 今宿841
概要 信隆寺の裏手墓地の一角に、室町時代の造立とみられる宝塔が、コンクリートの小堂に安置されています。相輪を欠くが、高さは1メートル以上あり、昭和60年度に行った調査で、15世紀初頭の建造と考えられています。近くには「塔の後」「塔の脇」などの小字もあります。
[ちがさき丸ごと博物館ガイドブック(文化財編)  ぶらり散歩 郷土再発見  (根) ]
イメージ