ちがさき丸ごと博物館

ボラ

名称 ボラ 別名
所在地
概要 春から秋にかけて、小出川では小さな魚の群をよく見かけます。その群れの魚は、春から夏までは「イナッコ」、夏の終わりごろから秋には「イナ」と茅ヶ崎では呼ばれているボラの子です。小ブナもよく群れていますが、小ブナは水面に近い所で空に浮かぶ雲のようなかたまりになっていてあまり動かないのに比べ、「イナッコ」や「イナ」は川底でせわしなく動きながらえさを取っているので見分けることができます。ボラは出世魚で、成長するに従い呼び名が変わります。生まれてから3㎝くらいまでをハクまたはキラゴ、3㎝~18㎝をオボコまたはイナッコ、スバシリ、18㎝~30㎝をイナ、30㎝以上をボラ、50㎝~60㎝をトドと呼びます。「とどのつまり」の言葉は、ここから出たものと言われています。ボラは黒潮など暖流の影響を受ける沿岸の岩礁で産卵し、稚魚は体長2㎝になる頃まで海で過ごします。その後は、汽水域に移動して川をさかのぼり始めます。小出川で見られるものは大きくても14㎝~15㎝で、そのころまた海に下ります。茅ヶ崎では呼び名と大きさがずれているようで、2㎝~5、6㎝を「イナッコ」、それ以上を「イナ」と以前から呼んでいます。イナッコ」はまだ魚体に厚みがなく、頭から口先まで丸みがあります。背の色は黒っぽく、側面から腹は白っぽく輝く銀色で鱗がまだはっきりせず、滑らかで愛らしくもあり、美しく見えます。小出川では、萩園橋下流の小さな堰の下まで「イナッコ」がさかのぼって群れているのを見掛けることがあります。ただ、堰に魚道がないので足止めされています。千ノ川でも、鳥井戸橋~富士見橋でそれらしき群れを見掛けることがあります。昭和30年代までは神奈中車庫辺りでも魚すくいの網に入りました。

[百科事典用テキストデーター   (根) ]
イメージ