ちがさき丸ごと博物館

マハゼ

名称 マハゼ 別名
所在地 相模川河口
概要 東京湾の秋の彼岸ごろの江戸前のハゼ釣りは、つとに有名です。江戸時代から大衆に親しまれてきた釣りです。やがて来る正月のおせち料理に欠かせないのがハゼの甘露煮でした。釣ったハゼを丸のまま串に刺し、軽く白焼きし、それを暮れまで風干ししたものを甘露煮にしたそうです。ハゼ科の魚は日本だけでも200種類を超えますが、一般的にハゼと呼ぶのはマハゼです。茅ヶ崎では、小出川や千ノ川の下流部とその小さな支流でハゼの仲間の幼魚を多数見ることができますが、残念なことにあまりにも小さく未成熟なため種の特徴が不明瞭で、種名を特定できません。今後の調査が待たれます。東海道線鉄橋から河口の相模川下流は、時折[]
イメージ