ちがさき丸ごと博物館

マユミ

名称 マユミ 別名
所在地
概要 雑木林の林縁で時々見かけるニシキギ科の低木です。漢字で"真弓"と書きますが、昔この木で弓をつくったことが和名の由来となっているそうです。5〜6月に、小さなかわいい花を咲かせます。淡緑色の花弁がちょっと反りかげんに4枚、その中に黒紫色の葯が4個の点のように目立ちます。ただ、花は葉の色に紛れて目立たず、実のないときは見過ごされてしまうかもしれません。雌雄異株で、雌株は秋に実をつけます。実は四角張っていて、やがてピンクに色付き、10月から11月ごろ熟すと4つに割れて、4個の"赤い種"が顔を出します。この"赤い種"は肉質の仮種皮で、その中に本当の種子が入っています。葉も紅葉しますが、ニシキギのような紅色ではなく、緑の混じった淡い赤で、とてもいい色です。実(朔果)が裂けると出てくる橙赤色の種が、ニシキギ、コマユミは1〜2個で、マユミは4個です。マユミにはキバラヘリカメムシというカメムシの1種が大発生することがあります。この虫は幼虫・成虫ともにマユミなどのニシキギ科植物の実の汁をえさとします。夏の終わりころには、小さな幼虫から成虫まで大小さまざまなキバラヘリカメムシを同時に見ることができます。

[百科事典用テキストデーター   (根) ]
イメージ