ちがさき丸ごと博物館

ミサゴ

名称 ミサゴ 別名
所在地 相模川、河口、鉄塔
概要 ミサゴは、ワシタカ目ワシタカ科に属する猛きん類で、日本産ワシタカ類のなかではかなり白っぽく見えるものの1つです。飛んでいるときは、尾の先がトビのように出っ張らず、丸みを帯びた形をしています。全長は、55〜64cmで、翼を広げると157〜174cmになります。トビに比べ、体の割に羽が長く、水上を舞う姿は王族のように品が良く、思わず見とれてしまいます。漁をするときは、空中でホバリングをしながら、急降下して水に突っ込み、足指の爪で魚を捕らえます。魚が大きいと飛び上がるのが困難な場合もあり、魚が大きすぎるときには、大格闘の末、魚に爪を突き立てたまま水中に引きずり込まれて命を落とすことになると、文献に記載されています。ミサゴは、ほぼ全世界に分布し、海岸、河口、湖などの水辺に生息する種類ですが、『レッドデータアニマルズ日本絶滅危機動物図鑑』では、海岸汚染などで、世界的に個体数が減少している種とされ、国のレッドリストでは準絶滅危惧種に位置付けられています。ワシタカの仲間は生態系の頂点に立つものが多く、ミサゴも河川や湖の生きものの頂点に立っています。[文化資料館ブックレット3  身近な野鳥  ]
イメージ