ちがさき丸ごと博物館

ミズヒキ(タデ科)

名称 ミズヒキ(タデ科) 別名
所在地
概要 ミズヒキは、山地や林の緑や平地の草むらで、湿気のあるところなどに生える多年生の植物です。茎は直立してまだらに枝分かれし、高さは50〜80センチほどになります。葉は卵形で先は急にとがり、長さが5〜15センチで両面に毛があり、葉質は薄くやや硬いです。春には、若い芽を根際から摘みとり、ゆでてあえ物、てんぷらなどで食べることができます。また、花は茶道の茶花にも用いられます。ミズヒキの特徴である花の穂は、茎の上部の葉の付け根に1〜3本ほど付き、最初に伸びた穂から順に20〜30センチほどに伸びます。花の穂には、小さな花が横向きでまばらに連なり、夏を迎えると咲き始め、穂の成長に伴い、秋まで花期が続きます。花びらのように見えるのは四枚のがくで、花びらではありません。穂に連なる花は、上から見ると赤く、下から見ると白く見えます。ミズヒキの名は、この花の穂を進物の包みに掛ける紅白の「水引」に例えたことに由来します。また、花は、直径が2〜3ミリほどの小さなものですが、新緑の葉とのコントラストがはっきりしているので、やぶの中で目立ちます。咢(がく)は秋になるとさらに紅色が深まります。種子は茶褐色でつやがあり、長さは2.5ミリほどの小さなもので、種子の先端に付く花柱(花の咲いた後にも残る)はかぎ状に曲がっているので、動物や衣服について運ばれる仕組みになっています。また、種子の柄に関節があり、穂に触れるとこの部分から、果実が放物線を描いて飛び散ります。かれんで優しい姿から、日本的な美しさを感じさせる植物に思われますが、朝鮮半島、中国北部、ヒマラヤ、ベトナムなどにも分布しています。
[]
イメージ