ちがさき丸ごと博物館

ミズワラビ

名称 ミズワラビ 別名
所在地
概要 湿地や田んぼの浅い溝などに生える、高さ20cm前後のシダです。養分を取る栄養葉と子孫を増やす胞子葉の2つの形の柔らかい葉を持ちます。水の中に生えるシダの意でミズシダ、またその葉の形からミズニンジンの別名もあります。市内に生育する70種余りのシダはほとんどが多年草ですが、例外的にミズワラビだけは1年草です。地味な植物なので目立ちませんが、秋の収穫後の田んぼで見かけることがあります。
[]
イメージ