ちがさき丸ごと博物館

明治の小学校(設置)

名称 明治の小学校(設置) 別名
所在地
概要 明治五年(1872)に「村に不学の戸なく」の文言で有名な学制が全国に出され、以後、近代国家建設のために、急速な公教育機関の設置・充足が進められました。本市域でも、十年(1877)ころまでに、南湖の琢章学舎(後の南湖学校、二十五年(1892)には茅ヶ崎小学校)、今宿の成誦学舎と萩園の詳恭学舎(両校とも十年に台小学校となる)、円蔵の惇化学舎(二十五年に懐島小学校)、高田の正業学舎(十年に六村学校、二十七年(1894)には小和田学校と合併して松林小学校)、行谷の時習学舎(二十五年に小出小学校)が開校し、苦労の多い小学校運営が行われていました。[百科事典用テキストデーター   (根) ]
イメージ